スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットで不正利用されたクレジットカードにはカード会社は何もしてくれない

最近、
ネットでクレジットカードを不正利用されても補償されるので安心、
カード会社に連絡するだけでOK。なのでどんどんカードを使っちゃおう!
みたいな記事が見受けられるので書いてみる。

結論から言うと全く逆。

ネットで普通のクレジットカードを不正利用された場合は、カード会社は何もしてくれない。
盗難補償・不正利用補償は、通常の店舗利用などの実生活の場合でしか補償されない。
ネットでの不正利用は専用のネット不正利用補償付きのクレジットカードが必要。


~以下、自らの体験談~

自分はネット不正利用保証付きではないごく一般的なカード、
提携カードではない年会費を支払うタイプの一番オーソドックスな
クレジットカードを使っていた。

1年ぐらい前の話になる。
最新のカード利用明細が来たので、見ていると不正利用に気づいた。
その後すぐにカード会社に連絡して、利用したことがない項目があると告げるものの
一切、梨のつぶて。
自分でその不正利用先と交渉してからまた連絡して下さいの一点張りだった。

仕方が無いので、自分で不正利用先に電話してみる。
そこはカード決済代行会社という所で、電話対応は意外とフレンドリーだった。
自分がクレジットカードで利用したことがないことを告げると、
確認事項として、利用したサービス(海外のアダルトサイトだった)と、
利用者の名前、住所などの情報を教えてくれたが、
そんなサービスを利用した事もなく、利用者情報も自分とは全く別人のものだった。
カード番号以外は全てデタラメ、自分の個人情報との一致は一切なかった。
この時点でカード決済代行会社も不正利用と気づいてくれたらしく、
カード引き落とし分を翌月に戻すことで決着した。

さらにもう1件不正利用があったので、その会社を連絡をとる。
動画サービス提供(アダルトではない)の会社だったが、
電話対応窓口が一切無く、メールでやりとりするしか他がなかった。
メールでの不誠実なやり取り(相手からのメールの返信は毎回数日かかった)の後、
なんとか返金してもらうところまでにたどり着いた。
ここの被害金額はそう大きくないものの月額課金サービスなので、発見が遅れて
放置してたとするとぞっとする。
で、この動画サイトのサービス利用者登録ページを見てみると、
名前、メールアドレス、住んでる都道府県、クレジットカード番号だけで
登録できるようになっていた。住所などの記入はなし。
つまり、不正利用者にとっては偽りの住所すら書く必要がないユルユルな本人確認であった。
(検索すると結構上位にくる会社なのにね。)

最後にクレジットカード会社に連絡して、すべて解決したと報告すると
カード番号を変更するとのこと、カード会社がやってくれたのはこれのみ。

~体験談おわり~


以上のことから言えることは、

・情報が漏れたのはクレジットカード番号のみと推測。名前・住所までは漏れていない。

・カード番号がどこから漏れたかは不明。自分としてはセキュリティに気をつけてる方だと思うのだが…

・不正利用者は本人確認がユルいサイトを狙って、不正入手したカード番号を使っているのでは?

・クレジットカード会社はカードが使用される際に、名前・住所とカード番号の整合性を
 チェックしていないと見受けられる。
 チェックされていれば、名前とカード番号が一致していない決済なんて通るはずがない。

・カード会社が言うには「不正利用されたら自分で対処しろ」とのこと。



もうカード情報が漏れるのはコリゴリなので、
ネットでクレジットカードを使う際は、
アマゾン、楽天など、よっぽど大きなところでしか使わなくなりましたよ。
他でどうしても必要なときは代引きを使う。手数料かかるけど。


以上、クレジットカードのネット使用は全然安全安心ではないという話でした。
皆さんには、ネットでクレジットカードを使う際は、
ネット不正利用補償付きクレジットカードを使うことをお勧めします。


CM

ユーザータグ: インターネット クレジットカード 不正利用 補償
月替わりブログパーツ
プロフィール

Author:Enear

最新記事
Amazonピックアップ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
RSSリンク
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。