液晶を選ぶ際に、意外とないがしろにされている重要なこと

液晶テレビ・液晶ディスプレイを選ぶ際、重点項目とされるのは、パネル特性、LEDバックライト、コントラスト比、消費電力、端子の数など。
それぞれ選ぶ際の重要なファクターではあるのだけれども、意外とないがしろにされがちなのが、液晶表面処理について。
それは、グレアとかノングレア(アンチグレア)とかのこと。
個人的には選ぶ際の一番重要な項目としてあげたいほど、重要だと思う。

表面処理の違いを簡単におさらいしておく。

グレア液晶とは表面が光沢処理された液晶のことで、これにより画面に鮮やかさが増してクリアな感じをもたらす。
その代わり画面の反射率が高いため、周囲の光を画面で反射してしまうという欠点がある。

一方ノングレア液晶とは、反射光への対策がされている液晶のこと。
反射光を直接反射しないで拡散するよう液晶表面に加工が施されている。
しかしその結果、液晶から発する光も拡散してしまうので、
グレア液晶よりも画面の鮮やかさ・クリア感が劣ってしまう。


画面に写りこんだ自分を見ると……

画面がクリアなグレア液晶だが、日光や蛍光灯の外光の反射よりも、
むしろ周囲の写りこみ・自分の姿の写りこみが気になると思う。
つまり、液晶画面がミラーの役割を果たしてしまう場合だ。
特に画面が暗くなったときや、テレビ・パソコンの電源を切ったときに写りこみが激しい。

テレビを見ている最中、またはパソコンの操作中に、画面が暗くなったとき、
そこに写りこんだ自分を見たとき、人はどう感じるだろう?
テレビ・パソコンの世界から、一気に現実に引き戻された印象を受けるのでは?

それを普通の鏡と同じだと思えば、多少の身だしなみのチェック程度にはなるとは思うけれども、
液晶画面に写りこんだ自分の姿を見るのが好きだという人は、よっぽどナルシーな人なのでは?と思う。


グレア液晶がいいけど、写りがこみイヤだ!そんな人には

液晶はハッキリ・クリアなグレア液晶がいいのだけれど、写りこみはイヤ!
そんな人にお勧めしたいのが『ハーフグレア液晶』。
ハーフグレア液晶とは、ノングレア液晶のように液晶画面表面に反射光に対する拡散処理が
されているけれども、液晶から発光に影響がない程度に拡散処理を抑えた液晶のこと。

写りこみは、周囲や自分の輪郭がわかるぼんやりとした程度。
そしてクリア感・鮮やかさはノングレア液晶以上。(グレア液晶ほどではない)
つまり名前のとおり、グレア液晶・ノングレア液晶の中間。

個人的な意見では、ほんとハーフグレア液晶は両者のいいとこどりな種類だと思う。
つまり、「液晶を選ぶときはハーフグレア液晶を選ぼう!」
と言いたいところだけれども、ネット上ではグレア液晶と一緒くたにされてしまったり、
そもそもグレア・ノングレア表記がなかったりする場合もしばしば。
そんなときはメーカーHPの製品情報ページを調べたり、
量販店で実際に見て確認してみて下さい。

今回は、ぜひともお勧めしたいハーフグレア液晶の話でした。


CM

ユーザータグ: 液晶テレビ 液晶モニタ ハーフグレア
関連記事
月替わりブログパーツ
プロフィール

Author:Enear

最新記事
Amazonピックアップ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
RSSリンク
ブログランキング