スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PCとスマホの性能比較出来るサイト

一般的にPCはPC用のベンチマークソフト、スマートフォンはスマートフォン用ベンチマークソフトと分かれている。それぞれ用途の違いやOS・使用ソフトの違いなど、ハードウェア性能で単純比較できないから、当然といえば当然。けど実際にPCとスマホがどのくらい速さが違うのか、CPU性能がどのくらい違うのか思う人も多いはず。
なので、今回はWEB上から両者を比較できるベンチマークソフトのサイトを紹介してみる。

PCとスマホ同じベンチマークソフトを使用し結果を公表しているページ
Smartphone vs PC ? Javascript Benchmarks - Alistair Milne

このページではWEB上からJavascriptで動作するベンチマークソフト、
SunSpider
Google V8 benchmark suite(上のページで使用されているものよりバージョンアップ)
による結果が集められている。

SunSpiderの結果は数値が小さいほど性能が高く、V8の結果は数値が大きいほど性能が高い。
で、ページの結果ではPCとスマホのCPU性能はまだまだ歴然とした差があるのがわかる。 例えば、比較的新しいスマホのSamsung Galaxy SIIよりも数年昔のPC用CPU「Pentium 4-M」の方が上位だとか。まあ実際のところ、マルチタスク性能とかも考慮したらSamsung Galaxy SIIの方が上だろうとは思うけど。
またCPUの数を念頭において見てみると、SunSpiderの結果ではPCの上位を見るとクアッドコアとデュアルコアでそんなに性能差が出ていない。Javascriptがブラウザ内でどう処理されるかによるけど、SunSpiderの結果はシングルコアとしての比較と見たほうがいいかも知れない。

簡単な検証として、PCのクアッドコアCPUでタスクマネージャーのCPU使用率のグラフを見ながらSunSpiderとV8を実行してみた。(ブラウザはGoogle Chromeを使用)
SunSpiderでは1つのコアの使用率が大幅に上がり他の3つのコアは1/4程度の使用率。
一方、V8の実行を見てみると4つのコア均等に使っている感じ。
マルチコア性能も見るのなら今のところV8を使ったほうがいいのかな。
今後のSunSpiderのバージョンアップで変わるかも知れないが。

終わりに自分のマシンでの結果を吊るしてみる。

去年組み立てた自作マシン
CPU:AMD Athlon II X4 615e 2500MHz
Sunspider: 274.7
V8 benchmark: 8424

3年ぐらい前に買ったノートPC
CPU:AMD Athrom X2 QL-62 2.00GHz
Sunspider: 472.5
V8 benchmark: 4976

手元にあるスマホ
CPU:Snapdragon QSD8250
Sunspider: 6024
V8 benchmark: 201

おおむね性能も数値と比例してそれなりなので、ベンチマーク結果も信用できるかと。


Webサイトを見るのならPC・スマホ共にJavascriptベンチマーク性能が高いほうが有利。
これからはスマホでもPCと同じJavascriptを多用したWebページを見るのが一般的になってくるだろうし、さらにHTML5を使ったリッチなコンテンツが増えれば、ますますJavascriptの利用が増えてくる。
そう考えるとPC・スマホをWeb上での性能という共通の基準で評価できるJavascriptベンチマークは、今後一層重要となってくるのかも知れない。


CM

ユーザータグ: パソコン スマートフォン ベンチマーク
関連記事
月替わりブログパーツ
プロフィール

Author:Enear

最新記事
Amazonピックアップ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
RSSリンク
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。