スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

液晶テレビ用のよさげなHDMI接続のスピーカーを探す。(2012年版)

液晶テレビのスピーカーは貧弱なので、液晶テレビ側でコントロールできる増設スピーカーについての記事を過去2回に渡り書いたけど、情報も古くなってきたのでアップデートしようかと思う。

1番古い記事では、探してはみたもののテレビ側でコントロールできるスピーカーの機種自体が少なく、仕方なく液晶テレビと連動して電源のON/OFF出来る方法として、電源連動タップと普通のスピーカーを併用する方法を紹介。
次の記事ではようやく大手メーカーからもHDMI接続のホームシアタースピーカーが安価で出てきて万々歳いう記事だったと思う。

今現在、前回の記事から2年ぐらい経った。
HDMI接続のホームシアタースピーカーを出しているメーカーもさらに増えみたい。
なので、現在発売されているものからよさげなモノを紹介してみる。

※2013/03 少し追記したよ!記事の一番下を見てね。



SONY 『HT-FS30』
SONY 2.1ch ホームシアターシステム HT-FS30SONY 2.1ch ホームシアターシステム HT-FS30
(2012/04/28)
ソニー

Amazon.co.jpで商品詳細を見る
2.1chスピーカー。前機種「HT-FS3」と比べるとウーハーの大きさや重量は小さくなっており、出力も抑えてあるが、その分フロントスピーカーの出力が大きくなっている。その結果、総合的なサラウンド最大出力は「HT-FS3」を上回る。ARCに対応したので接続も簡単になった。
HDMI入力:×3、HDMI出力:×1、光デジタル入力:×2、サラウンド最大出力:266W



SONY『HT-SS380』
SONY ホームシアターシステム HT-SS380SONY ホームシアターシステム HT-SS380
(2011/06/25)
ソニー

Amazon.co.jpで商品詳細を見る
5.1chスピーカー。ドルビーのサラウンドはちゃんとしたものを楽しみたいなら最低5.1ch以上が必要らしい。その点この機種は条件を満たすし、価格も抑えられている。(ネット最安値では「HT-FS30」にプラス3000円ぐらいしか違わない)。ホームシアターシステム入門機にぴったりな機種かも。ARC対応。
HDMI入力:×3、HDMI出力:×1、光デジタル入力:×2、サラウンド最大出力:600W



Panasonic 『シアターバー SC-HTB20』
Panasonic シアターバー ブラック SC-HTB20-KPanasonic シアターバー ブラック SC-HTB20-K
(2012/06/22)
パナソニック

Amazon.co.jpで商品詳細を見る

2.1chスピーカー。バータイプのスピーカーは、液晶テレビ下のデッドスペースになりやすい空間を有効活用できるので個人的にお勧めしたい。さらにこの製品、バーが中央から半分に分かれて、縦置きタイプに変形できる所が面白い。テレビ用と限っているからか、HDMI入出力系は1つしかない。ARC対応。
HDMI入力:×1、HDMI出力:×1、光デジタル入力:×2、サラウンド最大出力:240W



Panasonic 『SC-HTF5』
Panasonic ホームシアター サウンドボード ダークウッド SC-HTF5-TPanasonic ホームシアター サウンドボード ダークウッド SC-HTF5-T

パナソニック

Amazon.co.jpで商品詳細を見る
2.1chスピーカー、ラック型。つまりテレビを置く台と一体化しているのでスピーカーをどこに配置するか考えなくてもよく、TV周りがスッキリとしてお掃除もラク。しかし、すでにシアターラックを持っている場合既存のものをどう処分するのか悩みどころ。各メーカーのラック型のスピーカー(HDMI対応)の中でも最安値みたいなのでチョイスしてみた。ARCにも対応。
HDMI入力:×1、HDMI出力:×1、光デジタル入力:×1、サラウンド最大出力:120W



ビクター 『TH-LB3』
ホームシアターサウンドシステム (ブラック)[ 型番:TH-LB3-B]ホームシアターサウンドシステム (ブラック)[ 型番:TH-LB3-B]

ビクター

Amazon.co.jpで商品詳細を見る
2chスピーカー。バータイプだが、中央にiPod/iPhone用のDockコネクタが付いており、音楽鑑賞用とテレビ視聴用、両方に使えるトコロがミソ。ただし2.1chではなく、2chスピーカーなのでサブウーハーが無い。コンパクトだが音に臨場感に欠けるかも。HPに表記がないのでiPhone 4以上に対応しているかは不明。ARC対応。
HDMI入力:×2、HDMI出力:×1、光デジタル入力:×1、サラウンド最大出力:60W



ONKYO 『HTX-25HDX』
ONKYO 2.1chホームシアターパッケージ HTX-25HDXONKYO 2.1chホームシアターパッケージ HTX-25HDX
(2011/08/13)
オンキヨー

Amazon.co.jpで商品詳細を見る
2.1chスピーカー。二年前に紹介した「HTX-22HDX」の後継機種。2.1chだが、さらにスピーカーを増設することで5.1chシステムにすることも可能。前機種と比べ、フロントスピーカーの改良による音質面での強化や、HDMIリンクを用いたテレビジャンル別の音質最適化、2.1chのみによるバーチャル5.1chシステムの搭載など改良面は多岐に渡る。ARC対応。
HDMI入力:×3、HDMI出力:×1、光デジタル入力:×2、サラウンド最大出力:210W




以上去年~今現在までに発売されたモノの中からで、人気機種&面白げなものを選んでみた。

本格志向の5.1chスピーカーだけでなく、
簡易的な2.1chスピーカーが人気が高いのも
依然として液晶テレビのスピーカーの音質に不満がある人が多いからだと思う。

液晶テレビのスピーカーはサラウンド・臨場感よりも以前の問題で、テレビ上での会話が聞き取りにくいような必要最低限の機能を持たないものが多すぎるのでは?

液晶パネルは中韓に競争力で負けて
日本のテレビはもうダメだとか言うけれど、
薄型で高性能なスピーカーを開発して液晶テレビに搭載するとか
新しい付加価値で日本のメーカーが勝てる余地なんてまだまだあるのになー。



※2013/03 追記
うちのテレビはHDMI入力端子と光出力端子がない、
or HDMI入力端子しかなくてARCに対応してない、
もしくはもっとお手軽な方法はない?という方向けに。

今までは電源連動タップ&アンプ内蔵スピーカーを勧めてたけど、
↓こんなのもあるよ!
Olasonic TV用スピーカー(ノーブルブラック) TW-D5TVOlasonic TV用スピーカー(ノーブルブラック) TW-D5TV
(2013/03/27)
東和電子

Amazon.co.jpで商品詳細を見る

テレビ電源連動スピーカー。ヘッドフォン/イヤホン端子接続なのでテレビ側で音量調整も可能。
10W+10Wスピーカーで小型だけど、音質には定評ありのメーカーでGoodな商品。
テレビの臨場感はそれほど増えなくていいけど、
スピーカーの聞きづらさはどうにかしたいー!という人はこれでいいかもね。
接続も簡単だし。

CM

ユーザータグ: 液晶テレビ スピーカー HDMI
関連記事
月替わりブログパーツ
プロフィール

Author:Enear

最新記事
Amazonピックアップ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
RSSリンク
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。