スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更『Skyrim』よりも『Oblivion』をオススメする理由

今年の年末年始は少しだけ暇をとれたので『Oblivion』をプレイしていました。
『Oblivion』は現在PS3版・Xbox360版で絶賛発売中な『The Elder Scrolls』シリーズの最新作、『Skyrim』の前作に当たるゲームです。
だいぶ以前に『Oblivion』よりも『Morrowind』(これは前々作)をオススメしたように、今回は『Skyrim』よりも『Oblivion』をオススメしたいと思います。


『The Elder Scrolls』シリーズをやるならPC版で

まずこの『The Elder Scrolls』シリーズですが、家庭用ゲーム機版・PC版ともに出ていますが家庭用ゲーム機版よりもPC版でプレイすることを強くお勧めします。
なぜなら『MOD』と呼ばれる追加プラグインを導入することでゲームをより一層楽しむことができるからです。

MODには

・バグフィックス
・インターフェイスの改良


など快適なゲームプレイへの向上が図れることはもちろんのこと

・ゲームバランスの調整
・クエストの追加
・ゲームグラフィックの向上
・武器・防具の追加
・種族の追加


などMODの導入することでゲーム内で実現できるものは多岐に渡り、その数も
公式・ユーザー開発のものを合わせると全体の数が計り知れないほど膨大なものです。
さらにジョーク系MODからお金をとれるほどのクオリティが高いMODまで、そのほとんどが無料です。(有料MODは公式のごく一部のみ。)

自分好みのMODを入れて、ゲームをオリジナルにカスタマイズして楽しむのが
この『The Elder Scrolls』シリーズの醍醐味と言えるでしょう。


『Skyrim』、『Oblivion』両作未プレイならまず『Oblivion』を楽しもう!

なぜ最新作な『Skyrim』ではなく今更『Oblivion』なのか箇条書してみました。


1.まだ『Skyrim』はバグが多い
『The Elder Scrolls』シリーズは、リリース最初の頃ではゲームのバグが非常に多いことが有名です(笑)。最新作『Skyrim』でも些細なバグからゲーム進行が止まってしまうような大きいバグまで、様々なバグが報告されているようです。
前作『Oblivion』でも同様にバグが多かったのですが、後に公式・非公式にバグフィクスが重ねられ、パッチやMODを当てればほぼ大きなバグは回避できるようになりました。『Skyrim』についてもこれからバグフィクスがされていくと思われます。ですので致命的なバグが無くなってから『Skyrim』をプレイすることをオススメします。


2.『Oblivion』はすでに膨大なMODが出尽くしている
まだ出たばかりの『Skyrim』では、Modは公式・ユーザー問わず開発し始められたばかりです。
新しく作られた出来立ほやほやのMODを導入して、リアルタイムでゲームが変化していくのも楽しいですが、『Oblivion』ではすでに完成されたMODが星の数ほどもあります。
両作未プレイな方はまず『Oblivion』で膨大にあるMODを楽しんで、『Skyrim』のMODが出揃うのを待つというのも良いのではないでしょうか。


3.日本語化MOD
我々日本人がまず気にしなければならないのは『日本語化MOD』です。
現在『Skyrim』の『日本語化MOD』は有志の方々によって鋭意開発中ですが、完成までには今少し時間がかかるでしょう。
一方『Oblivion』は有志の方々の努力によりほぼ全部が日本語化されています。
不完全な日本語化だった『Morrowind』がそうだったようにゲーム内で英語・日本語が入り乱れているとかえって混乱してしまうことがあります。
『Skyrim』を日本語で楽しむには、日本語化MODが十分にバージョンアップが重ねられてからプレイしたほうが良いといえるでしょう。
(※『Skyrim』の日本語PC版が1/26日に発売されるので、こうした状況は変わるかもしれません。)


4.『Oblivion』の方が価格が圧倒的に安い
 現在『Skyrim』単体のお値段は5000~6000円の間ですが、『Oblivion』は追加パッケージも含まれているGOTY版(輸入)が2000~3000円とほぼ半額です。
(将来『Skyrim』も追加パッケージを含んだGOTY版が安価で発売されるでしょう。)
しかし『Oblivion』のPC版は輸入盤でのみの販売なので、輸入ゲームショップやAmazon、ダウンロード販売のSteamで入手することになると思います。


5.プレイに要求されるパソコンのスペックの問題

 今現在、『Skyrim』を快適にプレイするなら最新のビデオカードでミドルクラスのものが最低限必要となるでしょう。
一方『Oblivion』では現在売られている5000円以下のエントリークラスのビデオカードでも最高画質で楽しめると思います。
私の場合、最初『Oblivion』をプレイする前にビデオカードの買い替えを検討しましたが中~低程度の画質でも良いと考えたため購入には至りませんでした。
現在二世代前の256MBのビデオカードでプレイしているのですが、MODもほどんど導入でき十分快適にプレイすることが出来ています。



という訳で、今回は『The Elder Scrolls』シリーズ未体験な方はまず『Oblivion』をプレイしてみては、という話でした。
広大かつ作りこまれた世界を好きなように歩きまわってみたり、道すがら困っている人の些細な事件を解決してみたりと、一本筋なストーリーが多い和ゲーRPGにはない要素を楽しむことができます。
和ゲーRPGに飽食している方にぜひともオススメしたいゲームです。

(※追記 PC版のMODを入れるのは結構大変かもしれません。パソコンのスキルも多少必要でしょう。しかし苦労に見合うだけのことはあると思います。せめて日本語MODだけでも頑張って入れてみましょう。)




The Elder Scrolls IV: Oblivion Game of the Year Edition(輸入版:北米)The Elder Scrolls IV: Oblivion Game of the Year Edition(輸入版:北米)

Windows

商品詳細を見る



CM

ユーザータグ: 洋物ゲーム 海外ゲーム RPG 日本語
関連記事
月替わりブログパーツ
プロフィール

Author:Enear

最新記事
Amazonピックアップ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
RSSリンク
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。