Windows7機で『SE-U55X』がうまく動かないのでガッカリ。

前々回、オンキョー製サウンドユニット『SE-U55X』用のWindows7ドライバが勝手にインストールされてラッキーってなことを書いたけれども、使っているうちに細かな不具合が。

それは音楽再生の始めに毎回プチノイズが入ることと、時たまネット動画再生時に突然耳をつんざく大音響になってコントール不可になること。

前者の不具合は常にイライラさせられるし、後者は心臓が飛び出そうになるくらいビックリする。


ここ3ヶ月解決方法をネットで探したり、ASIOドライバを入れて調整してみたりと自分でも試行錯誤したけれども結局直らず。
ネット上では『SE-U55X』の後継機種『SE-U55SX』でも同じような不具合を抱えた人もいるみたいだし、マシンとの相性問題ではなく、Windows7との問題のような気がする。
ドライバにはMicrosoftのUSBサウンドの汎用ドライバがインストされるのだけれど、この『SE-U55X』昔どこかのチップセットとUSB接続の相性問題があったのを思い出した。
なのでUSB周辺にWindows7のMicrosoft汎用ドライバとの不具合があるのかもしれない。

しかし邪推してみたところで直せるスキルもないし、これ以上我慢して使うにも限界が来たので新しくサウンドカードを買うことにする。
付属のオンボードサウンドを使うという手段もあるけど、オンボはノイズが酷かったり音が薄っぺらだったりという先入観から試す気もなく断念。


『SE-U55X』は購入当時20000円ぐらいしたけど、この分野は年々安くなるばかりで
今は10000円以下でも十分良いモノが買える。
でカカクコムから適当にチョイス。


外部接続のUSBサウンドユニットでは
クリエイティブの『USB Sound Blaster Digital Music Premium HD』辺りか。
S/N比114dB、出力サンプリングレート24bit/96kHzな商品。
スペックでは『SE-U55X』より十分上。
Amazonで7000円ちょっと。

USB Sound Blaster Digital Music Premium HD SB-DM-PHDUSB Sound Blaster Digital Music Premium HD SB-DM-PHD
(2010/07/03)
クリエイティブ・メディア

商品詳細を見る




しかしデスクトップな新マシンのPCIバスが空いているので、今回は外部USBユニットではなくPCI接続用の低価格帯のものから選択する。
さすがに聴ければいいだろうな1000円台のものは避けて、カカクコムでランキング上位で低価格&高評価なASUS製『Xonar DG』をチョイス。

ASUSTek サウンドボード PCIスロット対応 XONAR DGASUSTek サウンドボード PCIスロット対応 XONAR DG
(2010/10/01)
ASUSTek

商品詳細を見る

『SE-U55X』との聴き比べでは、音のクリアな感じはさすがに劣る。
あとUSBサウンドユニットと比べてボリュームつまみが手元にないのも結構不便かも。

けどこのレベルの音質で光出力&5.1ch出力付きで3000円台のこのお値段、コスパ超良好。

数カ月間ムダなあがきをせずにさっさと買い換えてしまえば良かったですよ。


CM

ユーザータグ: Windows7 OS サウンドカード
関連記事
月替わりブログパーツ
プロフィール

Author:Enear

最新記事
Amazonピックアップ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
RSSリンク
ブログランキング