スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows XPからWindows 7 64bitに換えて良かった点・悪かった点

OSを換えてから3ヶ月ぐらいたったけど、ようやくWindows7にも慣れてきた。
Windows7の良い点・悪い点も見えてきたので今回はそこを取り上げて見ようかと思います。

まずは誰もが不安に思うところな

『OSで32bit版から64bit版に変えて不安に思うところはないか』
といったところから


32bitから64bitにしてソフトが動かなかったり周辺機器が動かなかったりすることがないのかという不安は、移行前は自分でも結構あったけど結論から言うと「殆ど無い」といったところ。

ほとんど今出回っているソフトウェアが32bit版で、64bit版のほうが少ないのだけれど、32bit版のソフトウェアで動かなかったということは(自分の環境では)今のところ無い。
Windows7 64bit版では、32bitソフトウェアは通常のインストール先のProgram Filesとは別のProgram Files (x86)というフォルダにインストールされて、OSが32bitコードを変換して実行する。(実は32bitソフトウェアをテキトーなフォルダに入れてもちゃんと実行してくれるけど)
それで32bit版のソフトウェア、ブラウザとか動画再生ソフトとか、音楽再生ソフトとか色々インスコして使っているけど、今のところ別に何も問題もなく動いている。
けどたまにソフトウェアの起動に失敗する時があるなあ。ソフトの種類によらず、ウィンドウが開かずに立ち上がらない時がたまにある。
OSを再起動すれば治るので、あまり気にしてはいないけど。(これは自分の環境だけかもしれない)
それ以外では今のところ不具合はなし。


『64bitOSの利点』

このように多少デメリットがあるけど、64bitOSにはそれを上回る利点、メモリを4GB以上積めるという最大のメリットがある。(32bitのXPだと実質3.0~3.5GBぐらいしか使えないよね)
今のご時勢、タブブラウザでウィンドウをパカパカ開いているとメモリ足りなくなってくるといった状況も多々ある。なのでメモリは多いほうが絶対いいし、使われていないメモリはキャッシュに使われるのでソフトウェアの再起が非常にスムーズになる。

…て書いておいてあれだけど、自分の新マシンには最初32bitのXPをのせるつもりだったのでメモリは4GBしか入っていないのだった。けど4BGでもWindows7、キャッシュが効いてXPよりスムーズだと体感できるですよ。



次にWindows7自身について書いてみる。

お題でWindows7の良かった点・悪かった点と書いたけど、悪い点はいっぱい挙げられるのに良い点をあまり挙げられないのが悲しい。
強いて良い点をあげるなら、グラフィックが多少良くなったところやセキュリティ面が改善されたとか。(自分が気づかないだけかも)

悪い点は、エクスプローラが使いづらい。ファイルの検索機能が使いづらい。コントロールパネルが使いづらい。スタートメニューが使いづらい。…などあり過ぎるので細かく言うのはやめておく。
むしろ操作面での不満は、自分がXP時代の使い方に固執しすぎているからだけなのかもしれない。
多分、MACみたいな全く違うものに換えていればこんな不満はでないのだろうし。
けど、Windows7のエクスプローラと検索機能の使いづらさは何とかして欲しいなあ。


あとXPからWindows7に移行するのに誰もが不安に思っている点について述べてみる


7とXPのソフトウェアの互換性

Windows7でXPで使ってたソフトが動くか心配という人も多いと思うけれど、Windows7でもXPのソフトが結構動く。
さらにWindows7 Professionalは昔のソフトとの互換性のためにXPモードが付いているのだけれど、そんな面倒な手続きを踏まなくても、XPのソフトでもクリックすれば普通に動く。ハードウェアに特別にアクセスするようなソフトウェアでなければ、昔のモノでもほとんど動くんじゃないのかな。
動かないときは……、素直に諦めよう!(爆)。XPモードで実行するは面倒なので。
そのソフトに執着するよりはWindows7対応の代替えソフトを探したほうが早いかもしれないし。

あと、↓のようにwindows7で実際に動くかユーザーで調べたサイトとかあるから不安な人は見てみるのもいいかも。
http://w7.vector.jp/
http://www15.atwiki.jp/win7/pages/1.html


周辺機器の互換性

XPで使っていたUSBメモリ・USBハードディスクがWindows7でも使えるのは当たり前として、その他周辺機器がWindows7で動くかはメーカーの対応でまちまち。さらにメーカーがWindows7用のドライバを公式に出してないのに動いたりするので、Windows7に対応不明なものは実際に接続してみて確認するしか無いのかも(動かない確率のほうが高いとおもうけど)。
Windows7対応のドライバが出てないのに周辺機器が動くというのは、Windows7が勝手にネットに接続してドライバを探して落としてくるんだよね。
自分のヤツだと、Windows7が古い外部音源『SE-U55X』の対応ドライバを探してきて使えたのでビックリ。

周辺機器がWindows7で使えるかの検証も上の2番目のサイトで確かめてくれた方の情報がのっているので見てみるといいかも。



以上、Windows7をXPとの比較からみてみたけど、

Windows7は
Vistaのように使えないOSではないので、
XPから直ちに乗り換えろ!というようなOSではないけれど、
マシンを新調するならついでにOSもWindows7にしたほうがいいよね

という話でした。


マイクロソフトは新しいOS毎に大したユーザーエクスペリエンスもないのに
お金をとるのは、それほどセキュリティ対策にお金がかかるのかねと
思う今日この頃です。

CM

ユーザータグ: Windows7 WindowsXP OS
関連記事
月替わりブログパーツ
プロフィール

Author:Enear

最新記事
Amazonピックアップ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
RSSリンク
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。