スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花粉症のため空気清浄機を購入&レビュー

 花粉症になったのは小学生の時だから、もうかれこれ何年の付き合いなるのだろう。
 花粉の飛び散るこの時期、毎日家では空気清浄機がフル回転。
 けど、所有する2台のうち1台がお亡くなりになったので、新しく購入することに。

清浄化方式はファン式で

 単純構造で故障も少なく、きちんとチキンと花粉が除去の出来るファン式が一番ベターかと。
 ファン式の欠点であるフィルター交換とファンの騒音、これらが軽減された機種を選ぶことにする。


その他の方式も検討したけど以下の理由から却下

・3000~4000円のフィルター交換の要らないイオン式は効果がなく(国民生活センター調べ)、ただのオゾン発生器らしい。

・空気を水にくぐらせてキレイにするタイプは加湿もされるので、湿気で部屋がカビだらけになりそうなので除外。

・最新のプラズマクラスター発生器はフィルター交換が要らないからいいかもと思ったけど、2~3年に一回、発生器の交換が必要らしい。

・同じく最新なパナソニックのナノイーは発生器交換はいらないけど、価格コムのクチコミでは発生器が壊れやすいとの書き込みが。

 あとこれら最新製品は価格帯が少し上なので、同じ金額でファン式の空気清浄機と交換フィルターを2、3枚買ってもお釣りがくるよね。



機種選定を選定する

 という訳でファン式から機種選定。タバコも吸わないし、ウイスル除去とか要らないので、花粉がきちんと取れて静音性の高いものを中心に選ぶ。

サンヨー「ABC-S16B」
 ○価格コム高評価&家電量販店でも安売りしている
 ×サンヨーがパナソニックに吸収合併されるので今後交換フィルターが手に入るのか不安

トヨトミ「AC-20」
 ○10年間フィルター交換不要、
 ×10年間フィルター交換不要は魅力だけれど、スイッチが強と弱のみ、機能がシンプルすぎるかも

と色々迷った中で東芝「CAF-M16S」に決める。
一応、決め手は

 ・5年間フィルター交換不要
 ・強/中/弱、3段階&自動運転
 ・価格
 ・アマゾン取り扱い

といった感じだろうか。早速、交換フィルター(CAF-H3SF)も追加注文してアマゾンで購入。


TOSHIBA 空気清浄機 ホワイト CAF-M16S(W)TOSHIBA 空気清浄機 ホワイト CAF-M16S(W)
(2010/09/16)
東芝

Amazonで商品詳細を見る

TOSHIBA 空気清浄機交換用集じんフィルター CAF-H3SFTOSHIBA 空気清浄機交換用集じんフィルター CAF-H3SF
(2008/09/01)
東芝

Amazonで商品詳細を見る



東芝製空気清浄機「CAF-M16S」レビュー

 レビューというか、3年前に買った「F-PMC30」(旧National製)と比較してみる。
 「F-PMC30」は現在発売中のパナソニック「F-PDE30」と基本的なスペックがほぼ等しい。価格は「CAF-M16S」より2000円~3000円程度高かったと思う。

「騒音」について
 どちらも強/中/弱の3つのモード。弱では「CAF-M16S」の方が静か。かなり静かなので寝るときに使っても気にならないと思う。
一方、中・強では「F-PMC30」の方が静か。リビングに置いたとき「F-PMC30」ではなんとかTV視聴の妨げにならなかったけど、「CAF-M16S」はかなりうるさく感じる。中運転でうるさいのはかなりガッカリ。
 寝室に置いて使うなら「CAF-M16S」、リビングに置いて昼間使うなら「F-PMC30」かな。

「送風」について
 ファン式の空気清浄機では、取り入れた空気をキレイにして送風口から勢い良く排気する。
送風口の向きが「CAF-M16S」は天井方向に、「F-PMC30」では左右横向きに付いている。
 部屋全体の空気をキレイにするには空気の循環が大切なので、天井方向の「CAF-M16S」の方が優れている。
 けど、天井方向の送風口は使わないときにホコリが溜まりやすいのが欠点。内部ファンにホコリが付着する。
 花粉のオフシーズンには何かカバーを掛けないとね。

「機能」について
 自動運転はどちらも付いているけど、ニオイにしか反応しないのでスルー。
 「CAF-M16S」には「おやすみモード」(弱運転で運転ランプが暗くなる)が付いている。「F-PMC30」には3時間タイマー
 タイマー機能は「CAF-M16S」でも欲しかった。常につけっぱなしというわけには行くまいね。
 あと、最新の「F-PDE30」では「花粉モード」として一定時間ごとに運転する機能が付いてるのね、便利。今度買うときの参考にしよう。


その他・一言

・取っ手は「CAF-M16S」は背面にくぼみがあるだけで持ち運びにくい。「F-PMC30」は専用の取っ手があるので持ち運びやすい

・「CAF-M16S」:意外とデカイ。届いてみてビックリ。

・「CAF-M16S」:16畳まで/5年フィルター、「F-PMC30」:15畳まで/2年フィルター
 やっぱフィルターが長持ちする方がかなり嬉しい。どんな製品でも製造年数が経つごとに消耗品が手に入りづらくなる訳だし。


と、以上のように空気清浄機でも、カタログ上のスペックより実際に触ってみないと分からない点が多いかも。
なので選ぶときに一度家電量販店足を運ぶこともオススメ。
けど、量販店ってウルサイから静音性とか調べられないんだよね。

CM

ユーザータグ: 空気清浄機
関連記事
月替わりブログパーツ
プロフィール

Author:Enear

最新記事
Amazonピックアップ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
RSSリンク
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。