スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやくFF14認定推奨ノートパソコン発売と聞いて

今まで推奨パソコンはデスクトップばかりだったけど
ようやくノートパソコンでも推奨パソコンが出るらしい
メーカーはドスパラ
ちょっとスペックをチェックしてみる

Prime Note Galleria 『660R』
CPU:Core i7 720QM
ディスプレイ:15.6インチ(1920×1080)
グラフィック:Mobility Radeon HD 5870 1GB
メモリ:4GB DDR3
HDD:500GBx2、7200rpm、ストライピング
光学ドライブ:Blu-ray読み+DVDスーパーマルチ
OS:64bit Windows7 Home Premium

う~む、推奨ノートと聞いて期待してたのだが
それほど特筆すべきスペックはないような
ゲームプレイの要となるグラフィックの
『Mobility Radeon HD 5870』は今ならどこでも
採用されてるしね
しいて言うならHDDがRAID構成になってて
ローディング対策されているところか
ゲームの開始時のHDD読み込みは時間が掛かるからね

実際のゲームプレイではどうかというと
ノートPCのFF14ベンチマークをやっている
蹴茶さんのサイトのベンチマーク結果を
見ていると
『Mobility Radeon HD 5870』のスコアは
FF14ベンチ高解像度で2000程度、
FF14ベンチ低解像度で3200程度、
低解像度でプレイした方が快適そう

AMDでは『Mobility Radeon HD 5870』が単体最速GPU
一方、NVIDIAでは『GeForce GTX 480M』が最上位、
これ以上は選択できないので低解像度プレイするしか無い

『GTX 480M』と『MR HD 5870』では、
ベンチマークソフトだと『GTX 480M』の方が上だけど、
色々なゲームのベンチだと『MR HD 5870』が上だったりするので
正直どっちがいいかのよく分からない
どっちでもいいような気がする (おいおい)

しかし、より速くするために
CrossFireやSLIでグラフィック×2なノートパソコンは
コストパフォーマンスが悪すぎる気がする
(ゲーム用にCrossFireノート買うなら、ゲーム用デスクトップ1台と
普通のノート1台買ったほうがいいよね)

ノートパソコンでFF14をより快適に遊ぶために、そのうち発売されるで
あろう『Mobility Radeon HD 6000』シリーズに期待したい

……
………
と締めくくろうと思ったけど、もう少し調べてみる

『Mobility Radeon HD 5800』シリーズの後継次世代GPUは
コードネームが「Blackcomb」で2011年投入、メモリインターフェースが
256bitになるかもしれないとか
「4Gamer_net ― Caymanは12月,Antillesは2011年初頭発表へ。AMDのGPU新製品投入計画が若干遅れる」

一方NVIDIAはデスクトップ・ノートPCの次世代技術が『kepler』
製造プロセスが28nmとなり2011年の遅くに投入、まだまだ先だね
それまで既存技術でつなぎのGPUとか出るのかしらん
「【後藤弘茂のWeekly海外ニュース】 NVIDIAの次世代アーキテクチャ「Kepler」と「Maxwell」の真実」

ということは次世代のノートパソコン用の単体最速GPUは
まずRadeonから出るはず

次世代GPUにFF14高解像度の快適プレイを託して待つか、
(次世代GPUでもノートでは高解像度はなかなか難しいと思うけど)

低解像度プレイでも
価格の下がりつつある『Mobility Radeon HD 5870』or
『GeForce GTX 480M』搭載ノートパソコンを買うか

個人的にはそんなに高解像度プレイをネックにしなくてもいいと
思うのだけれど

CM

ユーザータグ: ノートパソコン FF14 ベンチマーク GPU
関連記事
月替わりブログパーツ
プロフィール

Author:Enear

最新記事
Amazonピックアップ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
RSSリンク
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。