Chrome入れてみたけど漢字が中国語⇒解決

セカンドブラウザ導入編 その1
Google ChromeをUbuntu 10.10にインストールしてみる

使った感じとしてはブラウザの動作は軽く快適
しかし操作系は快適とは言えず
しかも環境設定用のエクステンションが少ない
どうやってもカスタマイズできないので
一昔前のブラウザ使ってる気分

Chromeで表示される文字を見てたら違和感
よく見ると、なぜか中国語の漢字
ひらがなは普通
漢字のみが繁体字になって読みづらい事この上なし
フォント設定いじったり言語設定いじってもどうしても直らない
ネットで解決法を探しても見つからず

仕方なく
エクステンション「Chrome Stylist」でCSSを書き換えて解決 (強引だが)
新しいルールとして

*{
font-family : Arial,'MS Pゴシック',sans-serif ;
}

を加える
Chromeに強制的に日本語だと認識させるため
なんとか日本語の漢字が表示されるようになった
強引技なので他のページ見ててボロが出るかもしれないけど


さらに「Chrome Stylist」で
フォントサイズ、行間、字間を設定し直す
デフォルト設定はFirefoxより酷すぎる!

という訳でセカンドブラウザとしての導入は保留
つぎはOperaを使ってみる

CM

ユーザータグ: Ubuntu Linux Chrome Stylist 中国語漢字 日本語 CSS
関連記事

テーマ : UNIX/Linux
ジャンル : コンピュータ

月替わりブログパーツ
プロフィール

Author:Enear

最新記事
Amazonピックアップ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
RSSリンク
ブログランキング