スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

価格コム1位の液晶ディスプレイを買ったが、期待以下でガッカリ。

IODATA製『DIOS-MF241XB』を購入。

・今まで使っている液晶と同じTN液晶
・ブルーライト低減機能搭載
・価格コム売れ筋1位

ということでサクッと買ってしまった。


I-O DATA 23.6型ワイドディスプレイ(フルHD/HDMI搭載) DIOS-MF241XB
アイ・オー・データ (2015-04-22)


しかし、使用感はかなり期待以下。
満足度は★☆☆☆☆ぐらい。


ブルーライト低減機能が全く使えない

個人的な話、LEDバックライトの液晶を使うと、ブルーライトで非常に目が疲れるし体内時計が狂って不眠気味になる。
なので、今回『DIOS-MF241XB』を選んだものブルーライト低減機能があるため。
しかし、この機能が全く使えないシロモノだった。
まず、低減機能をオンにすると画面が黄ばむ。
低減レベルは5段階あって、3以上だとかなり黄ばむ。尿液晶以上に。
そして、画面上部になるほど黄ばみが激しいという欠点を持っている。
ただディスプレイ全体が黄ばむのなら、使っていればそのうち慣れるかもしれない。
しかし、黄ばみがグラデーションとして上になるほど黄色くなるのは、絶対に慣れないと思う。
なぜなら上下に目を移した時、必ず黄ばみを認識してしまうから。
視点を上に移すたび「黄色いな~」と思ってしまう。
とりあえすギリギリ黄ばまない低減レベル2で使っているけど、目が疲れるし不眠気味なので、あまり低減されていないのかもしれない。


DIOS-MF241XBブルーライトカットレベル5

デジカメで撮影。ブルーライト低減レベル5。
下の白い部分が際立つぶん上の黄ばみが目立つ。
あと、実際の見た目ではもっと明るく綺麗だし、写っているシマ模様は見えない。




輝度を下げるとLEDのフリッカーによる影響が激しい

これまた目の保護のために輝度をかなり下げて使っているんだけど、下げるとフリッカーの影響がかなり激しくなる。
フリッカーフリーではないことは分かっていて買ったのだから仕方のない事なのだが、これほどまでとは思わなかった。
例えば、Webブラウザで画面をスクロールさせていると、動画のインターレースのような横シマの残像が見える。かなり不愉快。
しぶしぶ残像が残らないレベルまで輝度を上げて使用。
もちろんデフォルトの輝度まであげればこんな現象は全く起こらないが、あんなにまぶしい画面で使う人がいるのかしらん?



液晶パネルの薄さやベゼルの質感、操作のしやすさなど、
この値段でこの品質と褒められる点は多い。
コストパフォーマンスが高い製品といえる。
LEDバックライトの件がなければ、満足度は★★★★☆ぐらいだったかも。
LEDバックライトでも特に目は疲れないし不眠にもならないという人にはオススメ。
しかし個人的には2万円ケチらずにEIZOのディスプレイを買ったほうが良かったと、激しく後悔。



この状態で、これ以上このディスプレイを使うのは無理と判断。
速攻で↓を買った。


紫外線カット率99.6%、
ブルーライトカット率42%とのこと。

フィルムのサイズが多少大きいのでカッターで切断。切断は付属のガイドを参考にすれば意外とラク。
それよか貼り付けが非常に大変。位置合わせとホコリの除去にかなり苦労した。

フィルムを貼り付けた結果、目への負担はかなり低減した。これでなんとか使えるはず。
角度によって黒に青みがかるけど、しゃーないか。


CM

ユーザータグ: パソコン 液晶ディスプレイ 紫外線 ブルーライト
関連記事
月替わりブログパーツ
プロフィール

Author:Enear

最新記事
Amazonピックアップ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
RSSリンク
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。