液晶テレビとスピーカーを接続するための知識おさらい&+α

過去いくつかテレビにつけるスピーカーの記事を書いてきたけど、
情報も古くなってきたので、今回アップデート記事を書いてみる。
けどその前に、スピーカーを接続するために必要な規格やら接続方法の知識をおさらいしてみようかと。
あと、最近の4KテレビへのHDMIスピーカーの対応についての話題も少し。


ARC (Audio Return Channel)

オーディオ・リターンチャンネルの略。

通常の液晶テレビ間のHDMI接続では、

BD・HDDレコーダ等の[HDMI出力端子](映像・音声)テレビの[HDMI入力端子]

のようなデータの流れになっている。

しかしARCに対応したテレビでは、テレビ側のHDMI入力端子から音声を出力ができる。

つまり、

テレビの[HDMI入力端子(ARC対応)](音声)スピーカーの[HDMI入力端子]

のような接続ができる。

なので、ARCに対応していれば光デジタルやRCAケーブルによる音声接続が不要となり、
テレビとスピーカーの接続はHDMIケーブル1本だけで済むようになる。

また、ARC対応のテレビは大抵「HDMI CEC」規格(↓で説明)にも対応しており、
テレビ側でスピーカーのコントロールが可能になる。


HDMI CEC

HDMIで接続された機器で互いをコントロールするための規格。
製造各社がビエラリンクとかブラビアリンクとかファミリンクとかと呼んでいるやつ。(→過去記事参照)

機器がHDMI CECに対応していれば、


テレビリモコンテレビ[HDMI CEC信号]BD・HDDレコーダ

もしくは、

スピーカーのリモコンスピーカー[HDMI CEC信号]テレビBD・HDDレコーダ


のような制御信号の流れで、リモコンからレコーダを再生したり録画予約したり、テレビを操作できるようになる。

なぜテレビ用のスピーカーでHDMI CECへの対応が必要かというと、
テレビの電源ON/OFFにスピーカーの電源ON/OFFを連動させたりスピーカーのボリューム調整をテレビリモコンから行えるようにするため。
(対応していないとテレビリモコン・スピーカーリモコン複数使うようになり、面倒になる)


前述のARCに対応していないテレビでも、HDMI CECに対応していれば別に音声を光デジタル接続することで、テレビ側からスピーカーの制御が可能になる(例外もあり)。



4Kテレビのへの対応

今持っているテレビ用スピーカーが、新しい著作権保護への対応を必要とする4Kテレビで使えるかどうか?
結論から言うと、4Kテレビからスピーカーに直接HDMI ARCで出力させる分には、新しい規格への対応は関係なく、普通に使える。

しかし、パススルー出力するには著作権保護技術HDCP2.2に対応したHDMI2.0のサウンド機器じゃないとダメ。

パススルー出力とは、
簡単に言うとこれに対応しているとHDMI機器を中継として使える。

例えば4Kテレビの接続で、

4Kテレビサウンドバー・AVアンプBDレコーダ

のような構成の場合、サウンドバー・AVアンプはテレビの出力をBDレコーダへパススルー出力している。
このような場合、4Kテレビのプレミアムコンテンツはこれらの機器全てがHDMI2.0に対応していないとパススルーできない。


ただし最初にも言った通り、パススルー出力しないなら別。
ARCで、

4Kテレビ → サウンドバー等のスピーカー

として音声出力させるのみならば、スピーカー等の音響機器はHDMI2.0に対応していなくても良い。


ソース:
「深く回り込む」フロントサラウンドを新搭載、ソニーがサウンドバー新製品「HT-ST5」を発表
ディーガとシアターを接続する


という訳で、
将来4Kテレビに買い換えるとしても、今あるHDMI接続の音響機器は普通に使えるということで。
それにこれから新しくテレビ用スピーカーの買うにしても、
パススルー出力して使わないならば無理してHDMI2.0に対応したものを買わなくても良いのでは。
(けど機器間のHDMI CECコントロールが不便になる可能性はあるのかな?)


次回では、テレビ視聴環境に合わせたおすすめテレビ用スピーカーを紹介したいと思います。


CM

ユーザータグ: 液晶テレビ スピーカー HDMI ARC CEC 4K
関連記事
月替わりブログパーツ
プロフィール

Author:Enear

最新記事
Amazonピックアップ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
RSSリンク
ブログランキング