スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows Updateのたびにシステムが肥大化するのでドライブ容量が足りなくなった話。

Winodws7のシステムCドラにはKingstonの30GBを使っているのだけれど、1月のWindows Updateの後ドライブの残り容量を見てみると500MBを切っていた。
その10日ぐらい前にCドライブを整理して空き容量2.5GBは確保していたはずなので、Windows Updateで1GB以上はもってかれたみたい。インストールに非常に時間のかかった 『.NET Framework4用の更新プログラム』のせいだと思うのだが。

※未確証。しかしその前後大きなアプリをインスコした覚えもないし、仮にGoogle ChromeやJavaのアップデートがあったとしてそれを差し引いても、Windows Updateで1GB以上は無くなったと思う。

前々から、なにげにCドラの容量が勝手に減りつつあるなーと思っていたけど、
今回注意深く見てみたらCドラのWindowsフォルダはそれのみで19.0GBもあった。
システムの復元には200MBのみ、仮想メモリやハイバネーションは使っていないし、チェックディスクにかけてもエラーは見られないので、純粋にWindowsフォルダのみで19.0GBもある。

Cドライブがあと500MBしかないのは非常に心もとないので容量確保を試みる。
Windowsフォルダの肥大化の原因であるwinsxsフォルダは9.18GB。しかしこれは消してはいけないフォルダらしいので削除による容量確保は不可能。
ユーザーフォルダも整理したばかりなので不可能。
仕方ないのでアプリの幾つかとJAVAを消して2GB程度確保する。

とりあえずの容量は確保したものの、新規にアプリを入れられない状況と今後のWindows Updateでさらに容量が増えるかも知れないことを考えるとSSDを買い換えることにする。

まあ、いくらなんでも今後Windows7が64GB以上のシステムにはならないだろうと予想して(なったりして?)新しいSSDの容量は64GB程度にする。
あとシステムに使うので、相性問題の少なく耐久性の高い有名メーカーがいいなーということで。intelとか東芝とか。

で条件に沿って探してみたけど、なかなか良いのがない。
というか、在庫がない。
最近は価格上昇気味だし、それにともなって品薄状態みたいで、
価格コムで食指が湧いたものは、お問い合わせ・お取り寄せばかりだった。

Amazonでも買える安くてMLCな『Crucial m4』シリーズは、評判も良く、ある意味で味のある製品だなーと思ったけど、ファームウェア書き換えが面倒なのと、相性厳しめそうなので除外。Windowsのシステムに使うから慎重にね。

[メーカー3年保証付] Crucial m4 64GB 2.5inch SATA 6Gbit/s CT064M4SSD2[メーカー3年保証付] Crucial m4 64GB 2.5inch SATA 6Gbit/s CT064M4SSD2
Crucial Technology

Amazon.co.jpで商品詳細を見る



その後色々悩んだものの、そもそもマザーボードが3GB/sまでしか対応してないんだからそんなに高速で無くてもいいじゃん、ということで東芝の並行輸入品『X-gale SSD 64GB』に決定。
中身は『SA2-A064GA(C)』、台湾製。SATA2だけど安めだしいいか。

東芝 SSD X-gale 64GB SATA2 3Gb/s Toshiba 並行輸入品 海外向けパッケージ品東芝 SSD X-gale 64GB SATA2 3Gb/s Toshiba 並行輸入品 海外向けパッケージ品
東芝

Amazon.co.jpで商品詳細を見る



ついでにSDDの後に繋ぐデータ用のHDDも新調しておく。1TBぐらいの。
現在はなぜか亡きMaxtorの160GB(ふるっ!)のHDDをSATA接続しているのであった。
外付けHDDにはHGSTの2TBのを使ってるのにね。

最初、東芝の『DT01ACA100BOX』を検討、3年保証だし。

SATA HDD Ma Series 3.5インチ 1TBSATA HDD Ma Series 3.5インチ 1TB
(2012/12/31)
東芝

Amazon.co.jpで商品詳細を見る

中身はネット情報だとHGSTの『HDS721010DLE630』らしい。
今は違うのが入っているかもしれないが。
しかし、『HDS721010DLE630』の評判が良くない&ちょっと古いのと、
『DT01ACA100BOX』自体の情報が少ないこと(中身がなんなのか分からない)、価格高めなので除外。


でその他を検討。
今までは購入してきたHDDはHGST一辺倒だったけど、WESTERN DIGITALに買収されてしまったので別なメーカーも考えないと。
Seagateは始めから論外として、
価格コム・Amazonで少し評判良さ気で値段もそこそこのWESTERN DIGITALの『WD10EZEX』にする。

WD Blue 3.5inch 7,200rpm 1.0TB 64MBキャッシュ SATA3.0 WD10EZEX/N 【フラストレーションフリーパッケージ(FFP)】WD Blue 3.5inch 7,200rpm 1.0TB 64MBキャッシュ SATA3.0 WD10EZEX/N 【フラストレーションフリーパッケージ(FFP)】
WESTERNDIGITAL

Amazon.co.jpで商品詳細を見る



ちなみにネットのベンチマークを見た限り、
リード性能はSSDの『SA2-A064GA』の方がHDDの『WD10EZEX』より上で
ライト性能は『SA2-A064GA』より『WD10EZEX』の方が上。(3GB/sで)
『WD10EZEX』をWindowsのシステムにした方が速かったりして?


で、再インストールが完了したので
最後に自分でCrystalDiskMarkで測ったベンチマークを添付しておく。
(CPU:AthlonII X4 615e、マザー:880GM-LE)

SA2-A064GA


WD10EZEX


確かにネット情報通り、
リード性能:『SA2-A064GA』>『WD10EZEX』、
ライト性能:『WD10EZEX』>『SA2-A064GA』な様子。
しかし、ランダムアクセス性能は『SA2-A064GA』の方がリード・ライト共に良いので、今回こちらをシステムドライブにしてよかったと思う。


あと、前システムに使ってたキングストンSSDの結果。
SNV125-S2 30


これと『SA2-A064GA』を比べると
『SA2-A064GA』はリード性能がシーケンシャル・ランダム共に向上。



今回はWindows7の容量確保のためのパーツ交換だったけど、
速度性能もアップしてよかったねーという話でした。



※追記:Windows7の再インストール直後のWindowsフォルダの容量は10.5GB,winsxsフォルダは5.62GB、
Windows Update後、最新状態でWindows:12.7GB,winsxs:6.72GB。
再インストール前がWindows:19.0GB,winsxs:9.18GB。
使ってから2年ちょっとでかなり肥大していましたな。


CM

ユーザータグ: Windows7 容量 SSD HDD ベンチマーク
関連記事
月替わりブログパーツ
プロフィール

Author:Enear

最新記事
Amazonピックアップ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
RSSリンク
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。