Internet Explorerでレイアウトの崩れを抑えながらフォントを綺麗に表示する

PC再インスコ記念、自分用に忘れないためのメモも兼ねて。

WindowsフォントはVista以降ではデフォルトでメイリオですが、Webサイトによっては綺麗なClearTypeで表示されない場合があります。(Yahoo! JAPANのトップページなど)
これはサイトが指定しているフォントが優先されているせいで、IEではこの優先設定を変更することでメイリオなどのClearTypeフォントに変更することができます。
しかし変更した影響で、他のサイトでAA(アスキーアート)がズレて表示されてしまうなどレイアウトが崩れてしまう場合があります。

今回はIEでレイアウトのズレを最小限に抑えつつ、綺麗なフォントで表示される方法を紹介しようと思います。


1.メイリオ改のインストール

ことば・その周辺さんのサイトの「メイリオ・メイリオ改・meiryoKe・ttfname3」のリンクから自分のWindowsのバージョンに合った『meiryoXXX.zip』と『meiryoKe_gen_X.XXrevX.zip』をダウンロードしましょう。
(「X」にはWin8,Win7,Vistaで変わるバージョンの数字が入ります。)
『meiryoXXX.zip』が著作権的に問題があるんじゃないかと思う方は自分のWindowsのfontフォルダから「メイリオ」(『meiryo.ttc』,『meiryob.ttc』を取り出して使いましょう。
ダウンロードした2つのzipファイルを解凍して、全てのファイルを同じフォルダに置きます。
その後『meiryoKe_gen_X.XXrevX.exe』を実行して『meiryoKe_XXXrX.ttc』、『meiryoKeB_XXXrX.ttc』が生成されたのを確認し、この2つのファイルをWindowsのフォントフォルダ(Windows7だとC:/→Winodws→Font)にコピーします。
このファイル群はメイリオ改のゴシック、Pゴシック、UIゴシック、Consoleフォントとそのボールド体フォントです。


2.IEでの設定

Internet Explorerで『インターネットオプション』を表示させます。
(IE9だと右上歯車マークをクリック→インターネットオプション)
表示させましたら最初の『全般』タブの下の方、『フォント』のボタンを押します。
『Web ページ フォント』の欄で先ほどインストールした『MeiryoKe_PGothic』を選択します。
また、Webのフォーム等も綺麗なフォントで表示したい場合は『テキスト形式フォント(P)』で『MeiryoKe_Gothic』を選択します。その後OKボタンを押します。
次に同じく『全般』タブの下の方、『ユーザー補助』のボタンを押します。
書式設定で『Web ページで指定されたフォント スタイルを使用しない(S)』にチェックを入れてOKボタンを押します。
最後に新しい設定で表示されているか確認してください。例えばYAHOO! JAPANのサイトではトピックスのフォントが変更されていると思います。


今回は、メイリオ改のPゴシックフォントを使うことでレイアウトのズレをなるべく抑えながら綺麗なフォントで表示できる方法を紹介しました。
しかしサイトによってはレイアウトが崩れてしまう場合があるかもしれません。
そのような時は先ほどの書式設定で『Web ページで指定されたフォント スタイルを使用しない(S)』のチェックを外してみてください。
また私の場合ですが、変更後フォームで英字が欠けてしまうことがありました。その場合『テキスト形式フォント(P)』をMSゴシックなど文字が欠けないようなフォントに変更してみてください。

CM

ユーザータグ: IE フォント メイリオ レイアウト
関連記事
月替わりブログパーツ
プロフィール

Author:Enear

最新記事
Amazonピックアップ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
RSSリンク
ブログランキング